読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

とても意味のないブログ

とてもきもいです

オタクはいつ辞めるべきなのか

ふと思いました。オタクっていつ辞めるべきなんだろうって。

多分それは大学生だろうし、高校生だろうし、二十歳だろうし、社会人だろう。

訳わかんなくなりました。

 

 

 

なので突然ですが、私が今1番好きなグループの話をします。

オタクはいつ辞めるべきなのかって結論が出るまでの長いブログの前に

長い、長い間大分長い間ドルヲタを続けてきた上に何十回も言ったセリフを言います。決意表明です。

 

 

渡邉理佐ちゃんでアイドルは最後

 

 

何年か前に、アイドルは大島優子ちゃんだけと言ってたし、その何年か前は坂道に転がるなんて天地がひっくり返ってもないって言ってたし、1年前は渡辺美優紀ちゃんでアイドルは最後って言ってました。人生、何があるかわからないよね。だって、私まだアイドルオタクしてるし。

 

好きなアイドルが夢を叶えるためにアイドルを辞めるのも、

好きなアイドルが何の理由もなく突然一般人になるのも、

もうこんな気持ちになるならアイドルなんて応援したくなくなるよ、と発表される度に思い、そして、このザマです。(お前は本当にいくら金を吸い取られたら目が覚めるの?)

 

ちゃんと好きな子のこと書きたいと思いました。
ライブとか、イベントとか、なるべく詳しく、自分が覚えている限りの事は全て、たとえ日本語の使い方がめちゃくちゃでもなるべくたくさん記そう、って思って。忘れたくないから。
自分が読んだときに今の気持ちを思い出せるように。って

良いところ、かわいいところ、輝いているところをたくさん、全部全部をずっと詳細に覚えていることは人間である限り出来ないから。いつでも思い出して、あの頃胸を張って好きだったよって思い返せるように。

 

 

 

私が今1番好きで、日本全国どこへでも追いかけに行っている子達って、凄いんです。何もかもが、凄いんです。そんな凄い子達を好きになって一年経ったので1年を振り返る変なブログを書いてしまいました。許してください。みんな、オタクじゃん?(みんなを巻き込むな)

 

f:id:ponpontanukiyei:20170209010150j:image

 

2016年4月にデビューしました。私が欅を知ったのは、あのとんでもない別荘が深夜に放送された時からです。夜中

 

「はぁ〜、これが乃木坂の子分ちゃんかぁ」

 

ってあの深夜の神アイドル番組を見ました。そもそもその乃木坂自体を好きになったのもそのつい数週間前の出来事だったような気がします。

 

「嘘でしょ!!!!西野七瀬、あの顔で関西弁喋るの意味不明過ぎる!!この世は不公平!!!!」

 

と意味不明なことを言っていた時期です。その、乃木坂がやってる神アイドル番組乃木坂工事中を見た後、当然のように寝れなくてたまたまお正月特集してた欅って書けない?を見てしまいました。いやいや欅って書けねーよ、書けるやついんのかよって。鳥居坂どこいったよって。

だから、その後とんでもなく大金をつぎ込み、追いかけ回し、精神的支柱になるアイドルグループの第一印象が

 

「菅井様の別荘くっそやべぇ!!」

 

です。今考えても悲しすぎるほど悲しい第一印象。

この時、私はとても楽観視してました。

何故なら、まだ渡辺美優紀ちゃんは卒業発表してないし、欅坂と乃木坂では決して発表されて1分で遠征を決めるようなオタクにはならないと思ってました。絶対に握手券を買うようなオタクにはならないって思ってました(尚、現在)

 

私はマジで渡辺美優紀ちゃんが好きで、受験期その存在に助けられた(アイドルって本当に凄いと思う。息をしているだけで1人の人間を生かせるから)ので、彼女の卒業のおかげで失恋したJK状態になり、お通夜どころか毎日ポエムって題名のカレンダー出せるんじゃない?って状態になりました。

 

その時出会ったのがメルカリ、じゃなくてメチャカリのCMです。あれを見た瞬間に人生変わったなぁって思います。(変わってない、オタクからオタクになっただけ)

 

f:id:ponpontanukiyei:20170209011742j:image

f:id:ponpontanukiyei:20170209011751j:image

f:id:ponpontanukiyei:20170209011757j:image

 

今、人生を狂わせた女がここにいる。

一目惚れを体感した。一目惚れ、これはそう。

 

その後一瞬で、デビューカウントダウンライブに行く決意をして、サイレントマジョリティーの個別握手券をメチャカウなどしました。(さっっっっっむ…北極も驚くほどの寒さ)

 

サイレントマジョリティーって、凄い曲です。今更、誰が何を言わなくても通じますけど改めて、サイレントマジョリティーは凄い曲です。

 

f:id:ponpontanukiyei:20170209012216j:image

f:id:ponpontanukiyei:20170209012536j:image

 

列を乱すなと〜って歌う二列目のことが大好きでした。お前らが言うんかーいって。よくテレビでやるサビ前のモーゼの十戒、先頭が菅井友香ちゃんと守屋茜ちゃんなんです。二列目の中央で平手ちゃんを支えた、欅の風神と雷神。

 

サイレントマジョリティーのカップリングで手を繋いで帰ろうかという曲があります。この曲は風神雷神が主役の曲です。風神が、雷神を怒らせて街中で喧嘩する話。なんか、あれはすごく可愛くて好きです。だってみんな笑ってるし。披露する度に痴話喧嘩度ミュージカル感が上がっていってる。私はあの曲の「そうデリカシーのない男友達に」の部分の志田愛佳ちゃんが死ぬほど好き。死なないけど。

 

この間、正式にその菅井さんがキャプテン守屋さんが副キャプテンになりました。

 

私はこの瞬間なるほどなぁと思った。思わず。

48→乃木坂→欅坂と通ったので、アイドルグループにおけるキャプテンという存在が、どれ程重荷になるのかというのは痛い程知ってました。1人にかかる負担が、尋常じゃない。そうやって自己犠牲したアイドルもいます。(1人じゃダメでも2人ならって。大切なことは全部アニメが教えてくれたよね)

菅井さんは、きっとガンガン注意できるタイプのリーダーにはなれない。

その点守屋さんは、躊躇なく注意できるタイプの人です。

菅井さんは、キャプテンという名がつくまでもずっと最年長というだけで(本当の最年長は渡辺梨加ちゃんだけどあの子はいろいろアレなので)円陣の声かけから、MCから、会見全部をこなしてきました。

原田葵ちゃんが話してたエピソードが凄く好きです。

 

「いつものMCのことがびっちり書かれている馬のノートと大きなファイルを慌てて手に持って車に乗ってきた」

 

馬のノート

 

 

????????

 

曲の合間も、そのノートを必死に見るあなたのスピーチにみんな泣かされたんだっていう守屋さんはきっと最高の副キャプテンになるんでしょう。

 

話を1stシングルに戻します。

1枚目のシングルで与えられた全体曲、20人で歌う曲はサイレントマジョリティー、手を繋いで帰ろうかそしてキミガイナイです。

キミガイナイ、絶対に聞いてほしい。

キミガイナイは渡辺梨加ちゃんが主役の曲です。

欅坂を好きな点の1つがここです。手を繋いで帰ろうか、キミガイナイ。2つともセンターは平手さんなんです。でも振り付けとフォーメーションで主役が全く別の人になる。どこのグループにも無かった展開です。

キミガイナイをカウントダウンライブで初めて見た時ギョッとしました。

担がれてる人がいたので。

 

担がれてる人(渡辺梨加)がいたので

 

志田まに担がれてるの普通に、誰もがびっくりする。多分初めて見る人は映像で何度見ててもびっくりりします。もれなく。だってなんで担いでるのか未だに分からない。凄いいい感じのイントロが流れてきたっておもったらわっしょいベリカされてんだもん。ちなみに初期の担ぎ方は両足を両肩に乗せていたけど、今は両足を片側にだけ乗せてます。いや、それ楽になってんの?結局スカートの中に頭入れてるのには変わらないからね?まーちゃん。

 "君がいないこんな宇宙枕を投げて叫ぶ消えてなくなれ"

中2病を最初から最後までくすぐってくんなーーーっっっ!!!

 

 

デビューシングルのヒットは欅にとって良いことばっかりじゃ無かったと思います。確かに、Mステにも出れた。好待遇で、大型特番にはAKB、乃木坂、の次に呼ばれるようになった。表面的に見れば良いことだらけで、恵まれている。

でも、いつもあの子達言うんです。

「私達にはもったいない大きすぎる舞台」

よく急成長グループなんて紹介されますが、その舞台に見合うために、乃木坂姉さんの顔に泥を塗らないために、必死でそこに立ってたんです。一段ずつ登っていけたのを、4段飛ばしで登ってました。磨き上げて磨き上げて、どんどん鋭いサイレントマジョリティが出来上がりました。

いつだって、今だって、サイレントマジョリティを披露する欅坂は誇らしげで私は大好きです。この曲を最大限表現出来るのは自分達だという絶対的な自信と、衣装と振り付けに対する誇り。MVと紅白のサイレントマジョリティを見比べればこの一年が何だったか、分かります。

きっとこの先もこの曲と運命を共にするんだろうな。

どんなに売れても、辛くなっても、悲しくなっても、人が信じられなくなっても、欅坂のみなさんは

 

君は君らしく生きてく自由があるんだ

 

ってこと忘れないでほしい。あの曲を、誇り高く披露してた時のことを思い出して欲しい。

 

 

 

 

そんなサイレントマジョリティー劇を影で見ていた女の子が報われるのは、そこから数ヶ月で発売された2ndシングル「世界には愛しかない」です。

 

最初、殆ど全員に拒否されてた長濱ねるちゃんが2nd選抜入りで全員に涙で歓迎されたのには理由があります。

MVからMステから、何から何までねるはずっとサイレントマジョリティを踊る20人を見てました。全ての現場を。それもたった1人で。

どんなに受け入れられても、その輪に入ることはなく、20人の曲を見ているのって辛いと思います。だからこそ、紅白の21人のサイレントマジョリティーに意味があったんです。

 

 f:id:ponpontanukiyei:20170209015857j:image

f:id:ponpontanukiyei:20170209020114j:image

 

徳山大五郎を誰が殺したかについてまで書いたら、読み終わるのに3日かかるブログになるのでBRODY欅特集と12話分だけ見てください。見ればわかる。ギャルが不登校児にフォーリンラブ💕なブコメディだから(本当にどの口が言うの〜?)

 

3枚のシングルで1番知られてないですが、この曲は何から何まで最高です。イントロからアウトロまで一切ダメなとこがない。

 

"今すぐ僕は君を探しに行こう"

"誰に反対されても心の向きは変えられない"

"君にあった瞬間何か取り戻したように僕らの上空に虹が架かった"

 

 

????????

 

 

渡邉理佐ちゃんのこと?

 

欅坂46の歌詞の中で1番好きなのは

"涙に色があったら人は優しくなれるかな"

です。

ほんとだよな〜〜〜プロデューサー秋元康のことは好きじゃないんです本当に説得力ないけど。

でも作詞家として奴は天才。世界には愛しかないを聞いた瞬間思い知りました。

 

"夕立も予測できない未来も嫌いじゃない"

"アスファルトの上で雨が口答えしてる"

 

いや〜〜THE秋元康曲って感じ。秋元康の曲って秋元康感が出すぎていて、影武者とかいないんだとしたらあの人は本当に化け物だなって思います。だってアスファルトの上で雨が口答えしてるって普通の人生じゃ思わないわ。雨降ってて「やばー、最悪。アスファルトの上で雨が口答えしてんじゃーん」なんて言いださないと思う。

 

"通り抜ける風が僕に語りかける" 

 

で理佐が笑顔で飛び出してくるのが好きです。あの人、腕が長いからいつかてちかずみ子を刺すんじゃないかって気が気じゃ無かったけど、刺さなかったし。

 

全体曲5曲目の語るなら未来をは言わずもがな。MVを見ろ。見れば分かる。言葉はいらない。だってあの歌は過去や今を語るなら墓場まで持ってけって歌なので。意思に従います。でもこれだけは言いたい。全体曲での振りが1番好き。

 

 

 

 

ハーーーーイ!!!カンカンカンカーン!!!!!!とっとこすが太郎の時間だよー!!!!!!!!!!!!!!!!

 

青空が違う。初めてのユニット曲です。メンバーは菅井渡邉志田渡辺守屋。

左から、やばい、やばい、やばい、やばい、やばい。

もーーーー、この面子を集めて、この曲調なの、本当に、本当に本当に、本当にヤバイです。本当にありえない。

クールの2人はこの曲で表現することを身につけたと思う。そんな建前は置いといて、この曲はやばい。ずぅっっと理佐とまーーーちゃんが笑って可愛い顔してんのギャーーーッッですね。だってあの2人瞳の中に銀河飼ってるから。ザクールって名乗るの辞めたほうがいいわ。ザブラックホールに改名しろ。

青空が違うは欅坂で1番可愛い曲です。だって普通に恋愛してる。風邪引いてるだけで心配してくれる話。その上遠距離恋愛の歌なのに

"ひまわりの種を持ってきた"

で突然とっとこすが太郎になる菅井さんが、私は好きです。もひもひ、すが太郎でちゅ。へけっ

も〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜!!!!!!ヨチらせろーっっ🍼🍼🍼🍼🍼🍼🍼🍼

 

 

 

2ndシングルのシンデレラは長濱ねるちゃんだったと思います。ワンマンライブの演出で2ndで収録されたまた会ってください(長濱ソロ)→ひらがなけやきの流れは、やられたって感じでした。

アウトロのねるちゃんをひらけちゃん達が肩を叩きながら出てくるの。後ろ手でピースしたらひらがなけやきのひらがなけやきが始まるアレです。

この2ndの時期、ドラマの撮影でさらに一心同体になった欅坂のみなさん口を揃えて21人の欅坂を強調してました。そんな中、またしてもたった1人ねるは32人の欅坂を大切にしてた。32人で頑張りたい。ねる、良かったね。本当によがっだねぇ…

 

 f:id:ponpontanukiyei:20170209022110j:image

 

3rdシングル。この世で最も尊いフォーメーション。

普通は、置いてくると思うんです。まだ3枚目で、決定的な人気メンバーもいない。もう少しでその決定的な人気メンバーになりそうな子達が揃いも揃って二列目で呼ばれた3rdシングルのフォーメーションはアイドル史に残ると思う。

 

原田葵ちゃんと小池みなみちゃんのシンメトリーの素晴らしさを見つけ出しただけで名采配だと思います。

本当に最高でした。ただ、フォーメーションが凄すぎて未だに誰がどこを歌ってるのか正確に把握してないです。

MVも、青春が満ち溢れていてキラキラしてます。キラキラキラキラキラキラ✨✨✨✨✨✨✨✨✨💫💫💫💫💫💫💫💫💫💫💫💫💫シャラランシャラシャラ✨✨✨✨✨✨✨✨✨

 

二人セゾンは、曲と振りとMV全部を見て初めて完成すると思うんです。

あのMVは、このメンバーで撮れる最後だと仮定してくださいって言われてたそうです。悲しいし、寂しい。そんなこと絶対に言わないでほしい。ずっとみんなでいればいいじゃん。

それなのにあのぐるぐる回ってる振りは、永遠を描いている。MVで橋を走る平手さんは過去には戻りたくないと叫んでいて。アイドルのギリギリで成り立ってるバランスがとても好きだと思いました。ぐらぐら揺れてて、今にも崩れそうな。

 

"一瞬の光が重なって折々の色が四季を作る。そのどれが欠けたって永遠は生まれない"

 

マジで天才だな〜〜〜〜〜〜〜ありえんいい。意味不明にありえないフレーズすぎる。最高、何も言えない。

そのどれが欠けたって永遠は生まれない21人誰が欠けたって欅坂じゃないってこの歌が出た時期インタビューで答えてた。誰かが卒業するなら解散したほうがマシ。って本人達が言えちゃうの、とんでもないです。

 この選抜発表の後、なんでですかって抗議したメンバーのうち1人が渡邉理佐ちゃんだって分かった瞬間クララが立った!!!並みの気持ちでした。フロントから降ろされたことちゃんと悔しがる気持ちがあって、良かったって。そういう気持ちがあるなら、理佐は羽ばたける。

羽ばたけ、羽ばたきましょう、理佐らしく(by渡邉母)

 

二人セゾンは、その名の通り、二人の季節を僕が振り返る世界観です。

"道端咲いてる雑草にも名前があるなんて忘れてた"

"気付かれず踏まれても悲鳴を上げない存在"

これ、君に出会う前の僕のことなんじゃないかなって最近は思います。

"自分の半径1m見えないバリア張った別世界"

ともリンクするし。そんな僕を連れ出してくれたのが君。季節が移り変わって行くのと同様に君との別れもやってきて、だから"思い出はカレンダー"なんです。

最後、僕もセゾンで僕もセゾンなんかい!!!って思ってたけど過去を回想することで僕も君と同じステージに立てたのかって今は思います。

 

 

欅坂には、音源化されてない曲が1曲あります。W-KEYAKIZAKAの詩です。

あたしはクソオタク出身のクソオタクなのでこういう曲にめちゃくちゃクソ弱いです。本当に、いい曲すぎる。

 

"ある日僕の周りには同じ目をしたみんながいた"

"生きることに不器用な仲間一緒に歩いて行こう"

 

32人のことすぎる。32人のことすぎる。32人のことすぎる(三回言った)

 

本当に秋元康ありがとうって初めて思った。作詞家、の方。

 

"Somedayいつか君と抱き合って涙流して喜びたい"
"目指すものがやっと見つかった心一つになれる"

 

32人のことすぎる、32人のことすぎる、32人のことすぎる(6回目)

 

"欅坂 けやき坂"

単純なので、この表記だけで尊さを感じられる。

さらにこの後、てちとねるが抱き合います。上段でひらがなとしていたねる。下段で漢字としていたてち。ひらけちゃん達が階段を降りて、ねるとてちが目が合ったところが端の方で映るんです。思わず涙ぐんでるところも。そこからアップにならずに引きの画になって、隅の方に2人が抱き合ってるのがちっさく映ってる。2人にしか分かりえないことがたくさんあって、普通はこういうの太陽と月、光と陰って例えると思うんですが

平手さんと長濱さんは

月と陰なんです。

理屈はいらねぇ見れば分かる。 

抱き合った後、坂マーク内側にひらがな外側が漢字で平手さんとねるが一列に並んでてなんだかもう言語って何だろうなって気分になりました。

 

"One day  ある日かけがえないもの僕は絶対 あきらめないよ"
"明日に続くこの角度上り続けてく"

 

腕をブンブンふる平手ちゃん、ちゃんと中学生でおばさんは泣きました。

 

 

 

3枚のシングルに全て、共通していることがあります。

f:id:ponpontanukiyei:20170209024803j:image

このポーズ。このポーズを大切な曲では絶対にしてる。3rdでは大人は信じてくれないに組み込まれてたこれ。

欅のこだわりの1つとして、クリエイター を変えずに1つのチームでずっと続けてることがあります。

他のとこだと振付師も衣装もガンガン変わる。

同じ人が全てをやることによって、こういうシングルを超えたストーリーが出来上がるわけで、欅坂の2次元感が加速していく原因だと考えてます。TAKAHIRO先生どうもありがとうございます。

 

 

 

 

 

一年って早かったな。私は今、欅坂が凄く好きです。取り分け、渡邉理佐ちゃんが大好きです。21人が好きだし、12人が好きだし、32人が好き。

 

f:id:ponpontanukiyei:20170209025836p:image

f:id:ponpontanukiyei:20170209025912p:imagef:id:ponpontanukiyei:20170209025948p:image

 

だって、この1年は生きてきた中で片手で数えるほどに素晴らしかったんです。たくさんの"初めて"を理佐ちゃんと一緒に経験できたから。私にとっては初めてなことではないのに、初めてのCD、初めてのロケ、初めてのライブ、初めての握手、初めての花道、初めてのフェス。全部。初めてを経験して行くたびに理佐ちゃんがぽとぽと落とす星くずみたいなキラキラしたものが凄く凄く綺麗で大好きなんです。だから私は迷うことなく進めたのかな。だって星はキラキラしてるものだから。(いやきっっもいわぁ…流石にびっくり。なーにが星はキラキラしているものだからだ…ふぇえーんこのおばさんこわい!!!!)

 

 

アイドルが永遠じゃないって、苦しみを私はもう二度も十分味わったのになぜだかまたアイドルです。だって好きなんだもの。おかしなことだとは、自分が1番よくわかってます。

だけどどうにもならなくて、それくらいには存在が大きくて。もうこの先同じような熱量でなんてきっと何も追うことは出来ないと断言できる。

きっとこの先、渡邉理佐ちゃんがアイドルじゃなくなる日また過去を教訓にせず私はギャーギャー騒ぐと思います。でも仕方ないもの、好きなんだから。

 

オタクはいつ辞めるべきなのかのいつがいつくるんだろうっていつも思います。

この子で 最後だって思ってたのに、ね。

前の推し2人の時強引にやめようと思えばやめれたんです。現にそうやって辞めていく人もいるし。

発表があった日からずっと、辞めて欲しくないって思ってた。ずっとずっと、最後の瞬間まで思ってました。

最後のライブタイトルも、私はもう全然門出を祝えなくて、こんなんで行っていいのかなって、そんな思いを2回もしました。

考えれば考えるほど、辞めて欲しくないし、卒業ライブなんて無くなってしまえって。罰当たりなことを考えたら、本当に延期になっちゃったことも今はもう昔の話です。

そんな考えは、オタクとしてクズな訳ですが自分の気持ちを押し殺してまで笑顔で本人と接するのって、本当にキツイ。

少なくとも、渡辺美優紀ちゃんに関しては、私は今でも1秒だって辞めることが正解だった、とは思えません。

今からって時に、これからって時に。つい1ヶ月前発売した雑誌ではまだいるって言ってたじゃん。って本気で泣きました。だって本気でオタクしてたから。

優子ちゃんの時には言えた、おめでとう、頑張ってねがどうしても最後まで言えなかった。


だって悲しいんだもん。悲しすぎるよ。

「あー、ハイそうですか」って理解できないし、納得もできないよ。
笑って「おめでとう」って。「がんばってね」って。そうやって言えたなら、私はこんなに今、苦しくないです。
絶対言ってほしいよ、私がもしその立場だったら、そうやって言ってほしい。
そんな自分の出した答えに真っ向から対立されて、挙句に「辞めんじゃねえよ!!」って言われるなんて、ほんとに嫌です。顔面クリーム砲を10発浴びせたってまだ怒ります。

 

自分が嫌なことは人にしちゃいけないって小さい子でも分かるのに。

私はそれを1番好きだった子にしてしまって、でもその子はもう二度と私の前には現れないかもしれなくて。本当にどうしていいか分からないです。驚くほどに後悔だらけ。

 

よくこの話題になると「吉本の2年縛りが解けたら芸能界に帰ってくるんでしょ?」と言われます。そうだと思う。けどね。2年って長い。2年で何が起こると思う?私はこの2年で絶対にありえないって言ってた坂道のオタクになりました。あんなにつぎ込んだ総選挙に何の意味もないって気付いたし、あんなに好きだったAKBのことは本当に殆ど分からなくなりました。多分2年前の私が聞いたら泣くと思います。

 

だから、あと2年。彼女が一般人として過ごして何を感じて、どういう結論を出すかなんて、オタクの分際じゃ分からないんです。本当に。

 

2年後、戻ってくる保証なんてどこにもないんです。

 

優子ちゃんの時はどうやって立ち直ったかなんて知らない。悲しすぎてその頃の記憶すっ飛んでるから。でも、水曜ドラマにレギュラー出演してる優子ちゃんを見る時なんだか胸が締め付けられます。

あの、優子ちゃんが。

そんな気持ちがずっと頭に渦巻いてます。だって演技は世間に酷評だし、元AKBってだけでぶっ叩かれる世の中よくテレビドラマの役をつかんだなって。この人は、卒業する時言ってた夢の続きを本当に見せてくれてるんだって。なのに私はあの時から一歩も成長できてなくて、カレンダーのお渡し会に応募できなかった。合わせる顔がないから。


私はアイドルとしての、あのグループのメンバーのひとりとしての彼女達が、本当に大好きなんです。
あのグループで歌って、踊っている姿がもうたまらなく好きなんです。
あの子達の仲間が揃っているのが、仲間で笑ったり泣いたりしているのが。
本当に。好きなんですよ。なによりも。
だから芸能界を辞める辞めないとか関係ないんです。
彼女達はあの日が過ぎたらからもうアイドルではなくなりました。
そして、あの大好きだったグループが、変わってしまった。
そのことが、たまらなく辛いのです。

 

 

 

きっとだから坂道に惹かれたのかもしれません。ハロプロでもスタダでもジャニーズでも行くことは出来たのに、また秋元康。またアイドルである必要ないのに、またアイドルです。また。

 

後悔しない活動の仕方って、なんなんだろう? 正解はあるのかな?
それとも、何をしていても結局人は理由を見つけて後悔をしてしまう生き物なのかな?

でも私を救ってくれたのは誰が何と言おうと欅坂46さんなので、あの21人なので。今度はちゃんと、今度こそちゃんと真っ当にオタクをやり切りたいです。今の所はここが最後のグループの予定なので。

だって、だってさぁ?アイドルってだけで、ちょっとでも何かしたらすぐ敵に囲まれ必要以上に叩かれる世界で、他からの風当たりが一層強いってもう誰もが分かっているのに、それでも、アイドルのオーディションを受けてアイドルになってくれただけで、オタクをやめない理由としては十分でした。

 

 

好きな事を隠していられない性格なのでドオープンでギャーギャー騒ぎます。

趣味を隠す人がいるのも知ってます。それは絶対に正解です。世の中オタクは恥ずかしいのが一般的だから。

でも私は好きな事を恥ずかしがることなんてないのになって思います。いいじゃない、別に。だから、ドン引きされても特に何も思いません。別のジャンルのオタクの話も大好きです。知らない世界の色んな話を聞くのって貴重だなって思います。自分が知りえないことを知ってる人がいるって、凄いと思うんです。だからオタクが安心して好きなことを話せる世の中に総理大臣になったらします。(国家が混乱するのでやめろ)

 

 

まぁ、オタクを恥ずかしいと思うかは人それぞれです。アイドルが生きがいだなんて本当に可笑しな話だけど、

今私は渡邉理佐ちゃんを、欅坂を好きだと言えて心から楽しい人生を送ってます。

 

 

f:id:ponpontanukiyei:20170209041850j:image

 

 

 

 

 

 

結局オタク、辞められないってよ。(結論だすまでなげーーわ)